コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

多摩市「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所2016年7月23日 10:00〜11:30 パルテノン多摩
プログラムでんきをつくろう
講師・スタッフ講師:石井統丈(TAMA宇宙委員会)
スタッフ:TAMA宇宙委員会
参加数26家族59名
主催TAMA宇宙委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会

この日の講師はTAMA宇宙委員会スタッフの石井統丈さんです。まず最初に導入として、暗くした会場でシャーペンの芯に通電させて光らせ、「電気を見る」実験。そしてスタッフお手製の実験台を使って、班ごとにリニアモーターカーが「電気で動く」ことを確認。最後にペットボトルとモーターを利用し「電気を作り」LEDを点灯させる工作をしました。リニアの「電気で動く」実験は子どもたちはもちろん、付き添いのお母さんたちに人気でした。材料は簡単に集めれれるものばかりなので「自宅でも作ってみたい」という声も。事後アンケートでは保護者から「もっと原理や仕組みを教えてほしかった」という回答がありましたが、その探求心こそがスクーリングよる「きっかけ」なので、これを機会に家庭学習でいろんな経験をお子さんと一緒にしていただきたいと思います。












次回は8月27日開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します