入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」at東寺方小 第3回スクーリング
日時と場所2018年11月4日(日)10:00〜12:00 東寺方小学校
プログラムアメンボの秘密を探検しよう
講師・スタッフ講師:井本宗近
スタッフ:多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
参加数24家族 児童27名
主催多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
協力TAMA宇宙委員会


元寺小教諭、井本先生から副題「メタルアメンボを浮かせ」で針金でアメンボを作って浮かせる実験を指導してもらいました。 最初は、表面張力ですでに水が盛り上がっているコップに、水をこぼれるまでに何個ゼムクリップが入るかを予想し、班ごとに試しました。水面がどんどん盛り上がって、それでもどんどん追加されるクリップをみんなドキドキで数えました。 次に、1円玉を一つづつ水に浮かせ、それがどんな風に動いてどんな形になるかをそれぞれで実験しました。浮いた1円玉の島に、クリップを更に乗せてみたり、1円玉を重ねたり、表面張力の思った以上の強さを体験しました。






最後に、本命のメタルアメンボをアルミの針金で作りました。失敗を重ねてコツを会得したら、今度は、どこまで小さくできるかチャレンジした子供もいました。中学生ボランティアが8本足の見本作ったりと、次第に、最初のアメンボの形から離れ、子供達はみんな、どんどん自由にいろんな浮く形を作りました。立ち上がる人を浮かした子供もいて、そんな他の人の作品から刺激を受けてまた新しい形を試したりと、表面張力を体験する楽しいスクーリングに子供はもちろん、中学生ボランティアも大人も(子供そっちのけで?)熱中した2時間でした。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します