]
入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」at東寺方小 第4回スクーリング
日時と場所2018年12月2日(土)10:00〜12:00 東寺方小学校
プログラム
家庭学習レポート発表
閉校式
講師・スタッフ講師:並木道義、白井健宏
スタッフ:多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
参加数親子23組 児童27名
主催多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
協力TAMA宇宙委員会


ダンボールで箱を作り、CD片を回折格子に使った分光器を作りました。短い工作時間の中で、頑張って、みんないろんな光源からの虹が見れるようになりました。子供からの「見えた!」の声次々に上がり、窓辺に行ったりLEDの光を見たりする姿に、一瞬時間内の完成が心配になったスタッフもほっとしました。


続いてKUMAからわざわざおいでいただいた並木先生に、光の色と性質を、プリズムを使ったり、小さな水槽を使ったり、様々な実演を含めてお話していただきました。子供達はかぶり付きで見ています。


最後に、子供たちがそれぞれ自分の学習レポートを発表しました。ほとんどの子供がレポートを書いてきてくれて、独創的な実験も色々あり、大人が見ても楽しい内容でした。




実験に使うために作った器具を持ってきてくれた子供も、さらにその場で実演してくれた家族もあり、みんなが良い刺激を受けて1年を納めることができました。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します