入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所2018年7月21日 10:00〜11:30 パルテノン多摩
プログラムリニアモーターカーを作ろう
講師・スタッフ講師:石井統丈(TAMA宇宙委員会)
スタッフ:TAMA宇宙委員会
参加数36家族90名
主催TAMA宇宙委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会

今回のリニアモーターカー工作は材料が多く、作業も少し複雑で、注意点が多かったのため、作業工程を区切って全体で一つ一つを確認しながら作業を進めました。 事前にスタッフが試作した段階では、うまく動かないこともあったので、当日は「みんな動くかな」「大丈夫かな〜」と少し心配しながら迎えた当日。

リード線を電池につなげると、いきなり動いた家族もいて、思いのほか成功する家族が多く、安心しました。一方、なかなか動かず苦戦している家族にはスタッフがアドバイスしたり、子どもたちが自らスタッフに聞きにきたりして、ほとんどのリニアモーターカーを動かすことが出来ました。

最後はスタッフがシャープペンシルの芯を使ったフィラメント実験を行いました。徐々に明るくなっていく様子に、子どもだけでなく大人からも「すごい!すごい!」と声が上がっていました。










次回は8月4日開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します