入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」at東寺方小 第2回スクーリング
日時と場所2019年7月7日(日)10:00〜12:00 東寺方小学校
プログラムスライドガラスで万華鏡を作ろう
切り絵とうちわづくり
講師・スタッフ講師:江崎士郎
スタッフ:多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
参加数26組 児童33名
主催多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
協力TAMA宇宙委員会


第2回のテーマはKU-MAのプログラムである「万華鏡をつくろう」を行いました。KU-MAより、江崎先生に講師としてお越しいただき、「光の性質」について、子供たちの身近なところで起こる現象を例に、説明していただきました。


2枚の鏡の角度により、その間にある1つしかない物体はいくつあるように見えるのか…実際に鏡を動かしながら、鏡の向こうに映って見える不思議な世界を楽しみました。


子供たちが見ることは少ないかと思いますが、それぞれの家には「家紋」がある、という話から、折り紙で60°の角をつくり、そこに型紙を貼り付けて切り取ってみると…鏡で映したような「紋」が広がりました。「家紋」の不思議な形は、実は幾何学的な形であることに気づきました。


切り取った形を、紙に貼り付けると、なんとも涼しげでおしゃれなうちわが出来上がりました。これを持って花火大会にでかければ、注目されること間違いなし!ものの見え方や、自然界の形の美しさを体験できた第2回スクーリングでした。

次回は、10月20日(土)の予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します