入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」at東寺方小 第3回スクーリング
日時と場所2019年10月20日(日)10:00〜12:00 東寺方小学校
プログラムモーター利用したロープウェイ
講師・スタッフ講師:白井健宏
スタッフ:多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
参加数23家族 児童31名
主催多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
協力TAMA宇宙委員会


第3回のテーマは「モーター利用したロープウェイ」を行いました。まずロープウェイの車両がバランスをとる原理に関して講師の白井さんから説明がありました。子供たちは普段遊んでいるシーソーとロープウェイの車両の繋がりに気づきました。


続いてロープウェイの車両部分を組み立てました。針金を三次元的に曲げる必要があり子供たちは見本の図とじっくり見比べながら組み立てました。モーターが動き始めるとみな目の輝きが増しました。


車両が組立終わるとピンと張った毛糸のロープ上に車両を設置して運転を開始させました。糸の張り具合や角度を調整しながらうまく進む条件を調べました。参加者全員が動作にこぎつけられました。


ロープウェイの動作原理と種類についての説明に関して紹介がありました。一口にロープウェイといってもいろいろな種類があることを理解しました。最後に体育館の二階までつないだロープウェイのデモを行いました。見事に動いたときは歓声が上がりました。

次回は、12月1日(日)開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します