入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

YMコラム
月日「奥さんはハム?」

 ある著名な飛行士との韓国での会話。

 「ねえねえ、韓国語って初めてなので覚えづらいのよね。」

 「でも、まあ“アニョンハシムニカ”と“カムサハムニダ”だけ当面は 知っていればいいんじゃないの?」

 「“アニョンハシムニカ”は何とか言えるようになったけど、 その“カム”なんとかっていうのは?」

 「“ありがとう”ってことらしいよ」

 「“カム”……何ですって?」

 「カムサハムニダ」

 「何だか言いづらい言葉だなあ」

 「そうだ、“カミさんは、ハムだ”って覚えたら?」

 「エーッ、そんないい加減でいいの?」

 「まあいいからやってごらんよ」

 「うん、やってみるわ」

 そして翌朝。

 「ねえねえ、昨日あの変な言葉を言ってみたけど通じなかったわよ」

 「何て言ったの?」

 「オクサンハ、ハムダ」

 こりゃ駄目だ!

 一週間の韓国・大田での国際宇宙学会は、あっと言う間に終わりました。 しかし収穫も多かったことは確かです。多くの友人たちと、動きつつある 世界の宇宙活動の新展開について話ができました。確かに世界の宇宙はダ イナミックに新しい時代を迎えつつあるという実感がします。日本がこれ から、従来通り自分の殻に閉じこもって保守的に生きて行くのか、人類史 に貢献するとの希望と意気込みを持って地球の新時代を切り拓く立場に立 つのか、この1年が勝負のような感じがしますね。明日の木曜日はNHK 教育テレビ「視点・論点」の収録です。題して「有人ロケットの夢」。

 帰路は、大阪経由で沖縄に飛び、沖縄の子どもたちと「宇宙の学校」を 楽しみました。素朴で明るい那覇の子どもたちとそのお父さんやお母さん たちが素敵でした。キムチからゴーヤ。すっかり健康的になって帰って来 たと思ったら、うちのヘルスメーターが壊れていました。だって私が乗っ かったら、ゼロのところで止まっているんですから(針が動いて一周して からゼロの位置まで来たのかどうかは、確認するのを忘れました)。 

YM

<<「「和」の系譜(1)日本の古代文字の話」TOP「「彗星と流星群のはなし」」>>
TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します