入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

YMコラム
1月6日「明けましておめでとうございます。」

 明るいことも不安なことも含めて、今年の宇宙も話題は満載です。

1 野口聡一飛行士はすでに12月23日からISSにあって活動中。1月4日、 宇宙庭への水やりを行いました。また、「きぼう」の船内実験室で、「き ぼう」ロボットアームの子アーム組立て作業の準備を数時間かけて行いま した。1月5日には、いよいよ子アーム組立て作業を行いました。

   http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/noguchi/

2 3月には山崎直子さんが、日本人最後のシャトル飛行士として、「ア トランティス」でISSへ飛び立ちます。あでやかに宇宙で舞ってくれるこ とでしょう。既報のように、35 cmの特別製のお箏も持って行って宇宙で 奏でてくれる可能性が大きいと聞いています。

   http://iss.jaxa.jp/topics/2008/11/081111_yamazaki.html

3 夏ごろには、種子島宇宙センターからH-IIAロケットに搭載された金星 探査機「あかつき」とソーラー電力セイル実証機「イカロス」が、手を携 えて惑星間空間に旅立ちます。このタイミングをとらえて、「いちばん星 みーつけた」キャンペーンを始めました。「木もれ日」キャンペーンに代 わって、全国の美しい金星の姿を楽しくみんなで観察して、写真にとって 送ってくださいね。

   あかつき→  http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/index.html

   イカロス→  http://www.jaxa.jp/projects/sat/ikaros/index_j.html

   「いちばん星みーつけた」→ http://www.ku-ma.or.jp/spaceschool/kinsei.php

4 準天頂衛星システムの旅立ちも近づいています。日本型GPSの実現の行 方はどうなっていくのでしょうか。楽しみと不安が同居しています。チーム は頑張っています。

     http://www.satnavi.jaxa.jp/project/qzss/index.html

5 今年は、日本最初の人工衛星「おおすみ」が成功してから40年目の節目 の年に当たります。私はあの時28歳でした。体重も65 kgでしたし、あの頃 の写真を見ると、本人が見ても同一人物とは分からないくらいです。怖いも の見たさの人はご覧ください。(写真)

6 それから、2月初めにはオバマ大統領の新戦略が打ち出されます。果たし てアメリカは、この21世紀に宇宙とどのようにかかわりながら進むのでしょ うか。楽しみですね。

7 それよりも、日本の新政権の宇宙政策はどうなって行くのやら。全く見 えてきませんね。「有人を視野に入れた月探査懇談会」の行方も、このまま では期待いっぱいというわけには行かないです。みんなでもうひと働きする つもりではいますが……。

28歳の時に65 kgだったのに、今では体重100 kg。昨年暮れには、風呂から上 がって、出口の小さな段差を乗り越えようとした瞬間に、左膝に激痛が走り、 足が1 cmも持ち上がらなかったためにそのままつまずき、見事にもんどりうっ て、左足首、左足先、膝に、打撲と裂傷を負いました。膝の激痛は前科があり、 10数年前に「加齢による潤滑油の不足」と判断された時に走った「懐かしい激 痛」です。あの時の体重は105 kg。六本木のクリニックで診てもらった時に偶 然お会いした現役力士の舞の海関は、当時98 kgでした。100 kgは鬼門なので す。正月は、包帯を左足に3本巻いた状態で過ごしました。

それもだいぶ癒えて、今はもう少しで靴がはける状態まで戻りました。骨が折 れてなかったのが幸いでした。さあ、今年も張り切って頑張るぞ! みなさん、 今年もいっぱい有意義な実践とおしゃべりをしながら、楽しく楽しく進んで行 きましょうね。よろしくお願いします。年頭に当たり、尊敬するバックミンス ター・フラーの言葉を贈ります:

 あなたが他人の利益を一番に考えて自分の時間や心をささげているなら安心してよい
肝腎のときには必ず天があなたに味方してくれるはずだから

―― バックミンスター・フラー

YM

<<「野口聡一さん、2度目の旅立ち」TOP「鹿児島→京都→広島」>>
TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します