入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

YMコラム
5月26日「「あかつき」も「イカロス」も順調」

 5月21日、H-IIAロケット17号機によって打ち上げられた金星探査機「あ かつき」、ソーラー電力セイル「イカロス」どちらも順調に飛行を続けて います。

 「あかつき」は、太陽電池パネルを展開、太陽捕捉制御など一連のシー ケンスが正常に行われていることを確認。そして5月21日20:50頃、地球と の距離が約25万kmの地点で、機器の状態を確認するために撮影した地球の 画像が届きました。以下をクリックしてください。打ち上げの動画や探査 機分離の映像などいろいろな画像情報も載っています:

 http://www.jaxa.jp/countdown/f17/live/missionphoto_j.html

 同時に打ち上げられた小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」も、太 陽電池の発電と実証機の姿勢が正常である事を確認して、通信を確立しま した。長野県の臼田局との交信は万全です。これから例の大風呂敷を広げ る歴史的作業が始まります:

 http://www.jspec.jaxa.jp/ikaros_channel/

 先週土曜日には田園都市線・多摩プラーザ駅の近くにある國學院大學キ ャンパスで、新たな「宇宙の学校」が開校されました。将来の教師を志し ている学生さんたちが熱心に準備・運営に携わり、若々しい雰囲気で新鮮 でした。これから5回にわたって開催されます。

 すぐそばに羽田行きのバス停があるので、「宇宙の学校」終了後に飛び 乗って、小松空港経由、金沢へ向かいました。金沢市とかほく市の2ヵ所 で今年開催される「宇宙の学校」の下打ち合わせです。PFUという会社 をご存知でしょう。スキャナー世界一。ここがこの2ヵ所のスポンサーです。 お手伝いくださる講師の先生方、PFUの副社長さん、かほく市の市長さ ん、金沢市の教育長さん、……次々とお会いして、「宇宙の学校」の考え 方をお話ししました。手ごたえは十分にあったと感じています。地域活性 化協会のF目(えのめ)さんが終始お付き合いくださいました。有難いこ とです。本当にこうした動きが地域とそこの家族の活性化につながってい くことを、心から願いつつ飛びまわりました。

 2泊して火曜日に取って返した羽田から、直接霞が関へ。宇宙開発戦略 本部主催の「月探査懇談会」です。事務局の奮闘もあって、ほぼまとまり かけています。2015年、月に軟着陸、2020年、月面からのサンプルリター ン━━これが基本のシナリオです。火曜日の午前中は、宇宙開発戦略本部 の初会合がフルメンバーで行われたそうですよ。そこには本部長の鳩山総 理、宇宙担当の前原さん(国土交通大臣)、JAXAを主轄している川端さん (文部科学大臣)も出席し、当面の重点の一つに月を指定することが話し 合われ、席上鳩山さんが日本の有人飛行への想い(決定ではなく)を語っ たと聞きました。

 ところでこの金沢行きの間に、ルキアノスという人の『本当の話』とい う本を初めてじっくりと読んだのですが、面白いですねえ。ルキアノスと いうのは西暦120年あたりから195年あたりまで生きていた風刺作家で、西 欧の後世のこの種の作家たちに大きな影響を与えた人です。この本自体は 短編集で、その中に「本当の話」というのが含まれているんです。奇妙奇 天烈な冒険譚ですが、まあそのうちじっくりとご紹介しますから、楽しみ にしていてください。

(YM)

<<「事業仕分けに異議あり」TOP「感動の藤野南小学校→広島県知事の激励会→野口飛行士帰還」
TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します