入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

YMコラム
1月26日「サッカー、こうのとり2号、H-IIBロケット」

 PK戦というのは意外性が多いですねえ。昨夜のアジアカップの準決勝、 韓国戦は、予想通りの熱戦となりました(図1)。最後まで観てよかった あ。あらためて日本の若者の底力を感じました。やるじゃない! ワール ドカップのPK戦を思い出して、むずむずしていましたが、闘いとは厳し いものですね。でも韓国の選手も頑張ってましたね。この両軍の熱をその まま決勝のオーストラリア戦に持って行って欲しいものです。さあ次は29 日の深夜だ。


(図1)韓国に勝利して喜ぶ日本選手

 「こうのとり2号」見事に打ち上がりました(図2)。ちょうど代々木の オリンピック記念センターで、日本宇宙少年団の全国分団長会議に2泊3日 で行っていたのですが、打ち上げの前日に某テレビ局と某新聞社から電話 がかかってきて、「打ち上げの日はどこにいるか」と訊かれました。「何 で?」と訊き返したら、「まあ、何かあったら連絡を取りたいので」とい うことでした。


(図2)こうのとり2号機

 このH-IIBロケット2号機の成功で、H-IIAやH-IIBなどの打ち上げは連勝 記録の上積みを成し遂げています。こうなると、会う人ごとに、「やあ、 日本のロケットも随分と安定してきましたねえ」と言われるのですが、当 事者はなかなかそう安心しているわけではないのです。もちろん、一つ一 つの打ち上げというのは緊張してしっかりとぬかりなく準備するわけで、 油断や心の緩みなどはないものですが、ちょっと統計をご紹介しますと、 世界の打ち上げロケットで、最も成功率の高いロケットというのは、ソユ ーズとかデルタIIなどですが、国別にロケットの成功率(1980.1.1〜2007 .4.30)を整理すると、次の表のようになります。出典はJAXAの機関紙 “JAXA’s”です。



ということは、外国のロケットの失敗はあまり日本の新聞には報道されな いので、意外に知られていないのですが、どんな国でも少なくとも20機に 1機は失敗しているということです。

 H-IIAとH-IIBを一緒くたに考えると、打ち上げ成功率はその世界最高水 準の95%ほどになっています。すると、成功すればするほど、自信が深ま っていくことは確かですが、一方で「20機に1機」という魔法の数字を思 い出して来て、そこはかとない不安も、どこかに芽生えてくるのです。外 から見るのと内から見るのとでは大きな心持の違いというのはあるんです ね。だからテレビ局も新聞社も、野暮な電話をかけてきたものですが、一 面の真理を衝いていることは確かです。

 今回の打ち上げは、よく晴れた空のもとで、実に美しいシーンだったそ うです。私は代々木のオリンピック記念センターで会議中だったので、そ の打上げ時刻には、会議を中断してインターネットでみんなで観ました。 見事な飛翔でした(図3)。27日(木)にはISS(国際宇宙ステーション) のロボットアームが「こうのとり2号機」を掴みにかかります。そして翌 28日(金)にしっかりとISSに結合されるでしょう。街頭でのパブリック ビューイングやケーブルテレビ、ウェブサイトで実況があります。是非ご 覧ください!


(図3)H-IIBロケット2号機の打ち上げ(種子島宇宙センター)

(YM)

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します