入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

YMコラム
4月6日「スペースX社が世界最大のロケットの打ち上げへ」

 先週のワンダフル宇宙でご報告しましたが、国税庁から「KU-MAを認定 NPOとする」との通知が来たのですが、その知らせを掲載します(図1)。


(図1)認定NPO法人認定書

 さて、民間のロケット会社として目覚ましい進撃を見せる「スペースX社」 が、世界最大の打ち上げロケット「ファルコン・ヘビー」の概要を発表し ました(図2)。現存する最大のロケットである「スペースシャトル」や 「デルタWヘビー」の2倍の能力を持ち、地球低軌道に53トンものペイロー ドを輸送できるそうです。これ以上の能力を持っていたのは、「サターンV」 と「エネルギア」だけです。


(図2)ファルコン・ヘビーの雄姿(想像図)

 南ア出身のエロン・マスクがインターネットで財を築き、スペースX社 を興したのは2002年でした。エロン・マスクの弁によれば、「ファルコン ・ヘビーは2012年暮れにカリフォルニアのバンデンバーグにある発射場に 到着し、それから間もなく打ち上げる予定だ。ケープカナベラルからの処 女飛行は2013年か2014年になると思う」と述べています(図3)。


(図3)ファルコン・ヘビーの打ち上げ想像図

 スペースシャトルが、エンデバーとアトランティスのそれぞれ1回ずつ の飛行の後に今年の6月に引退した後、NASAの飛行士たちを国際宇宙ステ ーションに運ぶことが、エロン・マスクの当面のゴールになっていて、そ こまでは飛行士たちの「足」は、ロシアのソユーズだけとなりますね。そ のうちにNASAの有人宇宙船「オリオン」がデビューするでしょうが、2010 年代の半ばを目指して、アメリカの貨物輸送の宇宙船として名乗りを上げ ているのは、スペースX社の「ドラゴン」と、オービタルサイエンス社の 「シグナス」であることは既報のとおりです。

 「ファルコン・ヘビー」の詳細は、以下でお読みください。

 http://www.space.com/11298-spacex-rocket-private-spaceflight-falcon9.html

(YM)

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します