入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
~太陽系図絵~


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
奈良市「宇宙の学校」第5回スクーリング
日時と場所2月1日(土)午前の部:9時30分~12時・午後の部13時30分~16時
奈良市教育センター
プログラム 宇宙のお話し「星の世界とわたしたち2」
ふわふわスチロールで飛ぶものをつくろう(凧)
家庭学習レポート発表会(ポスターセッション)宇宙
飛行士体験「宇宙食パーティー」
修了証授与
閉校式
講師・スタッフ講師:平林久、下田冶信
スタッフ:日本宇宙少年団大和まほろば分団リーダー 二唐義夫
補助者(ボランティアスタッフ):SEL下川忠之、後藤貴一(奈良市立伏見中学校2年生)
中塩麻友、大谷遥菜(奈良市立一条高等学校1年生)
参加数午前の部(本人26名+保護者・同伴者30名)56名
午後の部(本人22名+保護者・同伴者35名)57名  合計113名
主催奈良市教育委員会 日本宇宙少年団大和まほろば分団
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


奈良の宇宙の学校は今日がいよいよ閉校式です。


宇宙のお話しは平林先生の生い立ちを含め星のこと、やなせたかしさんの詞、
金子みすずさんの詞を含め優しい言葉で、個性豊かに自分の特長を生かして
「生きることの大切さ」を子ども達に呼びかけていただきました。





工作・実験の「ふあふあスチロールで飛ぶものを作ろう(凧)」では鳥の飛び方、
軽いこと、左右対称で有ること等の分かりやすい解説があり、子ども達は発想豊かに
色々な形状の凧を作り「飛んだり、落ちたり、飛ばなかったり、回転したり、糸がもつれたり」と
沢山の体験をしました。



宇宙飛行士体験では「おもち」で宇宙食パーティーを楽しみました。










講師・スタッフのみなさん。




修了証授与では、子ども達は元気な声で返事をし、礼儀正しく修了証を受け取り、
閉校式は盛会裏に無事終了しました。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します