KU-MA 認定NPO法人子ども・宇宙・未来の会

お問い合わせフォーム電話・FAX:042-750-2690

多摩市「宇宙の学校」at東寺方小 第3回スクーリング

日時と場所2022年10月23日(日)10:00~12:00
多摩市立東寺方小学校
プログラムボロボロボ
講師・スタッフ講師:白井健宏
スタッフ:白井健宏、福島彩、曽我夏子、三田百合子、高田友利、谷合広美
     吉賀智紀、福田妙子、佐藤美代子、平井晶、岡田俊輔、遠藤拓郎
     小野さやか、松本次郎 
参加数21家族 児童50名
主催多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

令和4年度の宇宙の学校@東寺方小学校の第三回は、東寺方小学校の体育館での開催となりました。すがすがしい秋晴れの中、丁度良い気温で開催ができました。今回のテーマは「ボロボロボ」モータで走行する四脚ロボットです。白井さんの解り易いご説明で、皆さんスムーズに工作をされていました。

順調に工作が進んでいる中、突如問題発生。モーター提供先のマブチモーターへ依頼していた部品が不足している事が判明。(モーター動力を、ロボットの足へ伝える際に使用するプーリーという部品が不足)仕方が無いので、部品がないまま工作を続けて電池をつなげる事に。。。心配していたスタッフをよそに、ボロボロボがガタガタと体育館のあちこちで動き出しました。部品は不足していましたが無事にロボットが走行する事ができ、大成功でした。

驚いたのは発案・設計から説明まで全て白井さんが実施された事。普通のタイヤで動いたのでは味気ないので、針金を半円状に折り曲げ四脚がそれぞれ地面を蹴る事で愛嬌のある走り方をするロボが完成しました。白井さんにお話を伺ったところ、「子供が作る物なのである程度不安定な状態でも動くように設計しました」との事。その想いやりある設計が、部品の足りない中でも走行できるロボを完成させられたのだと感動いたしました。









次回は、11月28日(日)開催予定です。