入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
~太陽系図絵~


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
たまプラーザ「宇宙の学校」第2回目スクーリング
日時と場所6月20日(日) 國學院大学
プログラムかさ袋ロケットを作って飛ばそう
葉脈標本でしおりを作ろう
講師・スタッフ講師:柴崎和夫、菅雅人、遠藤純夫
スタッフ:國學院大學学生スタッフ
参加数親子39組
主催國學院大學 人間開発学部 宇宙の学校プロジェクト
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


始まる前に、スタッフ全員で今日のプログラム練習をします。説明をするのは菅先生。
スタッフは、工作の時に各班に1人ずつ付いて、補助についてもらいます。


練習しているので、作り方を聞かれてもちゃんと答える事ができます。


つい手伝いたくなりますが、子どものペースに任せて、出来上がるのを見守ります。


尾翼を付けるとよく飛ぶようになるので、楽しそうに繰り返し飛ばしていました。


子どもの力では遠くに飛ばすのが難しいので、お父さんお母さんに投げてもらいました。
向こう側の壁まで届くと、作った子どもがとても嬉しそうに駆け寄っていました。




次は葉脈標本でしおりをつくります。
菅先生が全体への説明をした後、材料を渡しながら作り方を親子に説明します。

では、恒例の作品集です。















■こちらは学生さんの作品


次回のスクーリングは、7月18日です。
同じ日に、國學院大学のオープンキャンパスもあります。

家庭学習レポートも早速作ってきてくれた家族がいました。
2010年の家庭学習レポートのアルバムはこちらをクリック。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します