入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
~太陽系図絵~


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
岡山「宇宙の学校」第4回スクーリング
日時と場所2020年2月2日(日) 10:00~12:30
岡山県生涯学習センター
プログラム飛行機を作って飛ばそう
レポート発表会
閉校式
講師・スタッフ講師:稲葉茂
スタッフ:生涯学習センター振興課職員、ボランティア 計9名
参加数32家族(児童37人)
主催岡山県教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

飛行機を作って飛ばそうでは、尾翼、垂直尾翼の役割、主翼の役割を、繰り返し飛ばしてみて
確かめ、より遠くへ安定して飛ばせるように工夫しながら実験することができました。
レポート発表会では、最初は全員緊張気味でしたが、だんだん雰囲気も柔らかくなり、それぞれのグループで、互いのレポートについて質問する姿も見られました。最後に閉校式で修了証を当センター所長からもらい、参加した小学生は笑顔になりました。


尾翼、主翼と、だんだん翼を増やして、飛ばして、それぞれの翼の役割に気がつきました。
どの翼が欠けても、飛行機はうまく飛ばないんだということが分かりました。


もっと遠くに飛ばすために、羽に一工夫しています。
「尾翼をこうすれば、うまく飛ばせるんじゃない。」
保護者の力を借りて、飛行機のレベルアップを目指します。


がんばって作ったレポートを発表しています。
みんなの前で発表するのは、ちょっと緊張するけど、保護者の方と一緒だから、がんばれます。


最後に、生涯学習センター所長から、修了証を授与してもらいました。
1年間「宇宙の学校」でがんばった証の修了証。ずっと大切にしてほしいです。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します