入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
~太陽系図絵~


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
岡山「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所2019年12月1日(日) 10:00~12:30
岡山県生涯学習センター
プログラム回っているコマはどうして倒れないの?
月と地球と太陽の話
レポート発表の説明
講師・スタッフ講師:並木道義
スタッフ:生涯学習センター振興課職員、ボランティア 計9名
参加数36家族 児童43名
主催岡山県教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

 直径の長さの違うコマ、円の内側と外側で重さの違うコマなど、いろいろなコマを作って、
どちらが長く回るのか確かめました。回転している物の回転軸が一定方向を保つジャイロ効果
によって、コマが回ることの説明を聞き、このジャイロ効果がロケットの姿勢制御に活かされて
いることを教えてもらいました。
 また、月と太陽の話を聞き、冬休み中に部分日食が見られることも教えてもらいました。


コマ作りの一番最初は、工作用紙に円を描くこと。慣れないコンパスを使って、円を描くのは難しいです。家族に助けてもらってがんばって描いています。


だんだん保護者の方も力が入ってきます。
「こうやって串を刺すと、うまくいくよ。」「本当だあ。さすがだね。」
子どもたちが、身近な大人に感心する一コマです。


できあがったコマを回しています。 「小さいコマと大きいコマ、どっちがよく回るのかな。」
実際に回して比べてみて、確かめています。


発泡球を月に見立てて、地球の直径の約4分の1が月の直径であることを、目で見て確認しています。
「どの発泡球が、月の大きさになるか、分かるかな?」

次回は2月4日に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します