入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
~太陽系図絵~


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

たまプラーザ「宇宙の学校」第4回目スクーリング
日時と場所9月26日(日) 國學院大学たまプラーザキャンパス
プログラム飛ぶ種のモデルを作ろう
フィルムケースロケットを飛ばそう
講師・スタッフ講師:柴崎和夫、菅雅人
スタッフ:國學院大學学生スタッフ
参加数親子26組
主催國學院大學 人間開発学部 宇宙の学校プロジェクト
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


始まる前にプログラムの説明を先生から受けているので、まだ少し不慣れですが 学生さんが各班で工作の説明をします。


この班は人数が多かったので、菅先生が手伝っています。様子を見ながら、先生たちが補助をしていきます。


作ったラワンの種のモデルを風洞で回します。普段見る事が無い動きなので、楽しそうにしていました。
小指の先ぐらいのモデルを作った子もいて、それも良く飛んでいました。それを見た子が同じように作ってきたりもしました。


シンジュの種のモデルと本物を降らしました。送風機で舞わすと全部落ちてくるまで結構時間がかかります。


次はフィルムケースロケットです。親子で作ります。


打ちあがって落ちてくる瞬間です。飛び上がった軌跡が良く分かります。

今回のレポート写真を見て、いつもと雰囲気が違う気がしませんか?
写真を撮影してくれたのは、KU-MA会員の清水喜代司さんです。
仕事の合間を縫って、手伝いに来てくれました。忙しい中ありがとうございました。

2010年の家庭学習レポートのアルバムはこちらから。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します