入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
~太陽系図絵~


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

たまプラーザ「宇宙の学校」第5回スクーリング閉校式
日時と場所10月24日(日) 國學院大学
プログラム皆既月食を観察しよう
レポート発表
閉校式
講師・スタッフ講師:菅雅人、柴崎和夫
スタッフ:國學院大學学生スタッフ
参加数親子25組
主催國學院大學 人間開発学部 宇宙の学校プロジェクト
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


今年の12月21日に皆既月食が起こります。
どんな事が起こるか、家族で観察してみましょう。


発泡スチロールの球を使って、皆既月食が起こる仕組みをお話ししました。


月食は地球の影が月にかかると起こる現象です。さて、地球と月はどのくらい離れているか、菅先生が持つ20cmの球を地球、5cmの球を月とした縮尺で距離を想像して、子どもたちに立ってもらいました。


赤いロープが地球と月の距離です。殆どの子が菅先生のそばに立っていて、ひとり大分離れていますね。
もう少し先までロープがありましたが正解ですね。


後半は3つのグループに分かれて、レポートの発表をしました。
学生さんが進行をしました。











たまプラーザの修了証は、学生さん達がデザインして作りました。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します