入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
~太陽系図絵~


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
相模原「宇宙の学校」at淵野辺東小第3回スクーリング
日時と場所12月10日(土) 淵野辺東小学校
プログラム凧はなぜ揚がる?
皆既月食を観察しよう
講師・スタッフ講師:稲葉 茂
スタッフ:相模原「宇宙の学校」実行委員、淵野辺東小学校教員
参加数親子43組
主催相模原「宇宙の学校」実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

皆既月食の当日、3回目のスクーリングが行なわれました。


朝のミーティング。
今日のプログラムを稲葉先生から説明。スタッフが予習しておきます。


道具と材料の準備も手慣れたものです。


スタッフもの子どもが参加しているので、一緒に手伝ってくれます。


受付で班を確認。


高田教頭先生の挨拶。
淵野辺東小学校は来年創立30周年記念を迎えるので記念CDを作成しています。
スクーリングの模様を収録するので、録音していました。


グループのみんなで考えながら、よく揚がる凧をつくります。


どんな工夫をしたのか一所懸命説明していました。


どうやって作ったら良いか先生からヒントをもらって、良く揚がる凧ができました。


凧が揚がる原理のお話。
難しい話ですが、凧が揚がった時の手に持った糸の感触で体感できたかな?


揚がる原理が分かったので、いろいろな凧を作りました。 写真では見にくいですが、イルカの親子の連凧です。


次回の閉校式では、JAXAの津田先生が「イカロス」のお話をしてくれます。
予習のためにイカロス君の大航海を参加者に配りました。


参加者にも片付けを手伝ってもらいまいした。

次回は、2月18日です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します